酵素ダイエットをするなら断食がおすすめ

酵素ダイエットは、体重を直接減らすというよりも、痩せやすい体質を作ることで体重が落ちやすくなるというダイエット手法です。酵素を摂取する手法としては酵素ドリンクや酵素サプリ等がありますが、それを摂るだけでは減量効果が現れるわけではありません。ここでは、正しい酵素ダイエットの手法や減量後の補食等を紹介します。酵素ダイエットを実施する上での留意点にも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

酵素だけでは痩せない?酵素ダイエットの落とし穴とは?

酵素ダイエットが女子をメインに話題となっていますが、酵素を摂取するだけでは減量することは不可能です。たとえば、酵素を摂り入れながらハイカロリーの料理をよく食べていたり、睡眠時間が短かったり、寝る前に食事を食べている等の暮らしをしていると、せっかく酵素を摂っても効果が低いです。それらはカラダの中に存在している酵素を消費する行為だからです。高カロリーの食事を摂ると消化するのに時間と酵素がたくさん必要になり、消化酵素が多く浪費されてしまいます。もちろん、カロリーの低い食事であっても咀嚼が少ない場合、同じように消化するのに酵素が多く使われます。また、午後6時に食事を摂るのと夜中の1時に食べるのとでは脂肪が溜め込まれる量が違います。食べる時間帯が遅くなればなるほど体に身につく脂肪量が増加します。また、体内の酵素が生成されるのは眠っている時間帯なので、睡眠時間が足りないと体内の酵素の生成量が少なくなってしまうのです。こういった生活を習慣的にしていると、本来なら痩せやすい体質になるにも関わらず、せっかくの体内の酵素が損なわれ、ダイエット効果が少なくなってしまいます。このように、酵素を摂り入れるだけでは足りないということです。

酵素ダイエットで体重を減らすならファスティングを!

酵素を摂ることでダイエットをしたい方はファスティングを実施することがお勧めです。酵素ドリンクを飲んで痩せやすい体質になっているからといって通常よりもハイカロリーのものを食べてしまうと、むしろ太ってしまいます。酵素減量をする場合、二つのやり方があります。それは置き換え減量とファスティングダイエットの2種類です。置き換え減量は1日3食の食事の中で1食から2食を酵素飲料あるいは酵素サプリに置き換えるというものです。なお、一食よりも2食の方が成果が高いのはもちろんです。置き換えダイエットよりも強い効果を望むなら断食減量がお勧めです。ファスティングとは「断食」を意味して酵素サプリメントもしくは酵素ドリンクと水分摂取だけで暮らすというやり方です。効果がいちばん高いのは3日間連続でファスティング減量をすることですが、慣れない人には刺激が大きいので、一日からチャレンジしてみると良いでしょう。初めから無理をして体調をおかしくすると減量の意味がありません。

間違った手段は危険!正しいファスティングの手段

ファスティング減量の正しい方法をご紹介していきます。準備するものは酵素ドリンクです。基本的には一日に3回から十回ほど摂取します。この規定量をしっかりと守らないと減量効果が低いので、正確に量って摂りましょう。そのまま飲むことが可能ですが、それだと飲みにくいと感じる方もいます。なので、水やスパークリングウォーターなどで混ぜた方が飲みやすいですし、長続きします。ただ、酵素は熱に弱いので、くれぐれも熱湯で溶かさないようにしましょう。また、ファスティングダイエット中は水分をたっぷりと摂り入れることもポイントです。というのも、酵素の効果をさらに強めることにつながるからです。1日に少なくても2リットルを超える水を飲むことです。また、空腹感が抑えられない場合には野菜ジュースや果物ジュースを飲んでもOKです。ただし、絶対に100%であることおよび無添加であることが必要最低条件です。ちなみに、2日目以降に好転反応が現れることもあります。カラダの中の毒素を出すときに生じる現象であり、吹き出物が出る、熱が出る、カラダがダルくなる等の現象が一般的なものですが、体調が崩れたわけではありません。

何を食べるべき?ファスティング後の補食レシピ

ファスティングダイエットを実行した後は補食が肝心です。酵素飲料の他は何もカラダの中に入れていないので、胃腸が縮まっている状態です。ですので、ちょっとずつ食物を摂っていかないと刺激がキツすぎて体調が崩れる危険性があるのです。断食が終わってから3日以内に普段の食事に戻すとカラダに良くない影響をもたらす可能性があります。ですから、3日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化のいいものを食べるようにしましょう。たとえば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープなどです。また、味付けは濃くせずにできる限り薄味にすることも重要です。さらに、化学調味料も胃腸の消化機能に大きな打撃をあたえるので、この期間はなるべく回避することです。こうして補食期間が過ぎた後は、日常の食事に戻してもいいですが、肉類は控え海藻類、野菜、魚などを多く食べる食事をするとリバウンド対策にもなります。